バイク査定のポイント

バイク査定のポイント バイクを売る前に知っておきたいのがバイク査定のポイントです。
まず最も基本的なこととして、バイクが最高値で売れる状態というのは新車の状態です。
これを100点として減点方式で査定されていくこととなります。
では、どういった部分がチェックされていくのかというと、まず見た目です。
特にバイクの骨格でもあるフレームの状態は重要で、曲がりや歪み、加工などを施してある場合、大きなマイナス材料となります。
逆を言えば、これらがなければ大きなマイナスポイントにはならないということです。
また当然ですが、ボディなどの小さな傷もチェックされます。
この時のポイントは、普通に乗っていてついてしまう傷や磨き傷ではなく、転倒時や立ちゴケ時についた傷などです。
これがあるとマイナスポイントとなります。
次にエンジン部分の状態もチェックの対象です。
定期的なオイル交換を心掛け、エンジンを労わって乗っていれば、問題の起こりにくい部分ですが、始動した時に異音がする場合などは当然マイナスポイントとなりますので、確認しておきましょう。
最後はサスペンションやタイヤといった足回りです。
正常な運転が出来るのかどうかはこの部分にかかっていますので、査定士が実際に乗って確認することが一般的です。
走行距離によっては、多少の機能低下は仕方のないことかもしれませんが、マイナスポイントとなりやすい部分です。
上記のような部分がバイク査定でチェックされる基本の部分となりますので、整備できるところは整備するようにしましょう。

動かないバイクでも引き取りする業者があります

古くて動かなくなったバイクは処分に困るものです。
しかし、車種によっては引き取りしてもらえることがあります。
何故かといいますと、古いバイクでもまだまだ使われている国があり、そのようなところでは部品等の需要があるからです。
特に、日本の場合は年式に比べて走行距離の少ないバイクが多いですから、動かないくてもリサイクルできる部分は結構あるものです。
このようなバイクを引き取りできる業者は、リサイクル関係の業種が多いようです。
引き取りして直せるものでしたら修理して主に海外等に輸出します。
もし、直せなくても分解して使える部品は再利用します。
さらに、分解した時に出た金属等は別に売却してトータルで利益を出すビジネスをしています。
さて、このような業者をどのようにしてみつけるかが問題ですが、今ではインターネットを使うと簡単に探すことができます。
また、一回の申し込みで数社に見積依頼できるサービスを無料で行なっているウェブサイトもありますので、業者探しはそれほど難しくありません。
また、多くの業者は査定や引き取り、登録抹消等の手続きを無料でおこなってくれますし、動かないバイクでも、ものによっては買取してもらえる可能性もあります。

バイク情報ならこちらへ

バイク買取無料査定をお気軽にお試ししていただけます

バイク 査定